足が臭う原因

足が臭う原因は通気性の悪い靴や靴下、ストッキングを履いているため、靴の中が蒸れて細菌が繁殖し、悪臭を放つようになるからです。
足の裏にあるエリクソン腺から汗が大量に出るのですが、1日過ごすとコップ1杯分もの汗をかき、靴下や靴の中で蒸れの原因となるのです。

自体には臭いはないのですが、細菌や汚れを分解することになり、とても嫌な悪臭となってしまいます。
足の臭いが気になる季節は大量に汗をかく夏になりますが、女性はロングブーツを履くために1年を通して予防や対策を行う必要があります。
女性が履いているストッキングは汗の吸収性が悪く、密閉してしまうブーツと組み合わせると、普通の靴に比べても高温多湿になっています。

夏にサンダルやミュールを履いていても足が臭うのは、ストッキングが問題になっていますので、なるべく吸収性の良い物を選ぶ必要があります。
足の臭いの原因として、汗をかくことで皮脂と雑菌が分解されて悪臭を発する物とは別に、水虫が原因となっている場合もあります。

水虫が足の臭いの原因となっている場合は治療が必要になりますので、医師の診断を受けるようにしましょう。

汗が原因となっている場合も、何の対策もせずに放っておくと水虫になる可能性もありますので、吸収性の良いストッキングや靴下を選び予防を行うようにしましょう。

気になるサイト紹介

化粧品通販ならマキアレイベル
ニキビ
ワタシプラス/資生堂

におい・かおり環境協会-臭気判定士資格というものがあるらしいです。気になる方はチェックしてみてください。
ファンデーションの塗り方やメイク方法などをわかりやすく紹介しています。